【映画】「天気の子」の感想(ネタバレ注意)

映画

久しぶりの投稿となりました。ピョタロウです。

ゴールデンウィークに暇すぎて何か趣味を増やしたいと思い始めたことがきっかけで映画にハマってしまい、気づけばTOHOシネマズの会員になっていました。

まあそんなことは置いておいて、ようやく大学の期末テスト・レポートも終わり夏休みに入ったので、現在大ヒット公開中である新海誠監督の作品の「天気の子」を早速見に行ってきました!

今回は「天気の子」の感想を書きたいと思います。

(最初に申し上げておきますが、映画初心者なので何言ってんだこいつって思っても温かい目で見守ってください…。記事を増やしていくごとにいい感想が書けるようになるよう努力します。)

全体的な感想

前作の「君の名は。」は感動系か面白い系でいえば感動系だったのですが、「天気の子」は両方の要素があったので「君の名。」はよりも楽しめました。

今回の作品は雨の描写が多く、「言の葉の庭」に近いイメージでした。雨の描写は新海誠監督らしい作画でめちゃくちゃ綺麗でした。いつも圧倒されます。一つ一つの描写が芸術的な作品ですね。

また、雨の中で一か所だけ (屋上の神社) 光っているようなシーンがありましたが、ああいう景色たまに見ますよね。

僕は小さい頃はあの光の中から何者かが君臨するんじゃないかと思っていました。この作品では天気の子が君臨されましたね。

子供心を刺激されました。

名言も出ましたね。

帆高が自分が世界を狂わせてしまったことに後悔しているときに須賀さんが言った「世界は元から狂ってる」(あってるかな?)です。

この言葉めちゃくちゃ好きです。

自分一人のせいで世界が変わってしまうなんていうことはない。世界は元から狂ってるんだから何をしたっていい。大丈夫だから気にするな。これを新海誠監督は一番のメッセージとして伝えたかったのではないかと思います。

確かによく考えればそうですよね。誰か一人が何か大きな失敗をしたところで広い目で見ると何の問題もないんですよ。

世界を一人で狂わせれるのはサノスの指パッチンくらいです。

この作品みたいな運命的な恋愛は陰キャの僕からするとめちゃくちゃ憧れます。現実的なところと非現実的なところの組み合わせがうまいですよね。

ハンバーガー屋での出会いや風俗店のアルバイトに勧誘されているところでの出会いは現実でもありうるようなケースです。非現実的なのは天気の巫女になることくらいですからね。

「こんな恋愛できるわけないやんけ」っていうほど非現実的ではないところが視聴者の心をくすぐります。

また、お金に困っていて天気のビジネスを始めたところもありましたが、未成年でもやろうと思えばビジネスをやれるっていう現代の社会も上手く表現されていました。

若いころに好きなことややりたいことをとことんやってみようっていうメッセージを感じました。

Youtuberの生き方である「好きなことで生きていく。」に近いですね。新海監督はどちらかというと「好きなことで生きていけ。」って感じですかね。

僕も好きなことややりたいことをとことん見つけてそれで飯を食えるような生活を将来したいと思います。

例えそれがダメな結果になったとしても、世界は元から狂ってるってことは人生も元から狂ってるって思いながら生きていきたいと思います。

声優豪華すぎひん?

映画を見る前に何も情報をインプットしていなかったので、エンドロールを見たときに声優が豪華すぎてビックリしました。

森嶋 帆高 – 醍醐虎汰朗
天野 陽菜 – 森七菜
    凪 – 吉柳 咲良
須賀 圭介 – 小栗旬
   夏美 – 本田翼
安井刑事 – 平泉成
高井刑事 – 梶 裕貴
カナ – 花澤香菜
アヤネ – 佐倉綾音

このメンツヤバくないですか?アニメとか声優にあまり詳しくない僕でもほとんど知っている人ばかりでした。上には書いてないですが、他にも有名な声優さんは数多く起用されていました。

Twitterなどで本田翼さんが下手くそと叩かれていましたが、僕には違和感はなかったので普通に上手かったと思います。(「きみのそぅぞぅどおりだょ」っていうセリフだけは微妙でしたけどね笑)

「君の名は。」のキャラをさがせ!

「天気の子」の劇中には「君の名は。」と同様に、前作に登場したキャラクターが登場しました。みなさんは見つけられましたか?

「君の名は。」の主人公である瀧くんは最後に天気の依頼をしたおばあちゃんの家で登場しました。

三葉は帆高が陽菜に誕プレで指輪を買ったデパートの店員として登場していましたね。

この二人はたぶん余裕だったと思います。

ですが他にも登場人物はいました。

「君の名は。」を見た方はわかると思いますが、 勅使河原克彦(テッシー)と名取早耶香(サヤちん)のカップルが居たのを覚えていますか?

あの子たち実は登場してたらしいんです。僕は見つけられませんでした…。(というか覚えてなかった笑)

詳しくはWikipediaに載ってるので気になる方はWikipediaをご覧ください!

天気の子 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました